種類を知る 自動車保険を賢く選ぶ

自動車保険の種類を知っておいたほうが、
自分に合った保険がどれかを選ぶことができます。
種類を知らないと
どれが自分にとって不必要か分からなくなるため、
安い自動車保険を入手することが難しくなるので、
是非とも自動車保険の種類は知っておきましょうね。

自動車保険には
強制保険(自賠責保険)
任意保険(自動車保険)
の2種類があります。

強制保険(自賠責保険)とは

自動車損害賠償責任保険の略称です。

原動機付自転車(原付)を含む
すべての自動車に加入が義務付けられており、
別名、強制保険とも呼ばれています。

対人事故のみを保険金支払いの対象としており、
支払われる保険金は死亡保険金3000万円、
後遺障害最高4000万円、
治療費用等に最高120万円と限度があります。

そのため、大きな人身事故や物損事故に備えて
後述する任意保険も加入が必要とされています。

尚、2008年4月に保険料改定しています。

任意保険(自動車保険)とは

強制保険以外に当事者の自由意思により加入する保険のことを言います。

多くの場合、自賠責保険以外に付保する自動車保険のことを指しており、
本サイトで紹介している自動車保険とは、
この任意保険のことを言います。


今年は自動車保険の見積もり比較情報サイトで無料で見積りしよう!

お得な自動車保険無料で簡単な一括見積り比較サイトで見つけよう!
自動車保険“高い”と思った事無いですか?保険会社(損保会社)のサービスによって料金とサービスがかなり異なります。
初めて自動車保険の一括見積り比較サイトを利用する方にも簡単で見積りが取れて、しかも自動車保険見積りは無料です。
今年は自動車保険の見積り比較サイトで自動車保険を見直しましょう!

任意保険 各自動車保険の種類

対人賠償保険

自賠責の不足分をカバーしてくれるのが対人保険です。
ただし、支払い対象はあくまでも「他人」です。
自分や配偶者は家族などの「被保険者」は対象となりません。

対物賠償保険

対物賠償保険は、自動車事故で、
他人の自動車、建物、電柱、家屋、ガードレールなどに損害を与え、
法律上の損害賠償責任を負担された場合に補償する保険です。

搭乗者傷害保険

保険を契約したクルマに搭乗中の人が、
死亡または傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。
搭乗者保険はドライバー本人にも支払われます。

自損事故保険

自損事故保険は、ハンドル操作をあやまってガードレールに突っ込んだり、
ガケから落ちるなど、事故の相手がいない単独事故の場合に補償される保険です。

無保険車傷害保険

自動車保険に入っていない、または保険に入っていても
補償内容が不十分な自動車との事故により死亡または後遺障害を被られた場合に、
加害者(無保険車を運転中の者など)が負担すべき損害賠償額のうち、
自賠責保険などの保険金額を超える部分に対して保険金をお支払いします。

車両保険

自分の自動車と自分をまもるための保険です。
単独事故を起こしてしまった場合、他人の車を巻き込んでしまった場合、
また災害による被害もカバーできます。

人身傷害補償保険

自動車事故により、本人や同乗している人が死亡したり後遺障害
または傷害を被った時に、過失割合にかかわらず本人過失分も含めて補償される保険。
保険金額が限度。

任意保険 自動車保険セット販売

SAP(自家用自動車総合保険)

対人、対物、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害、車両保険の6つのセット。

PAP(自動車総合保険)

対人、対物、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害の5つのセット。

BAP(一般自動車保険)

加入者が担保種目ごとに選択して保険を付けることができるタイプの自動車保険。
ただし、基本契約として対人、対物、車両保険の
いずれか一つには加入しなければなりません。

自動車保険の特約

家族限定特約

運転する者の範囲を、
記名被保険者およびその家族(配偶者 ・同居の親族 ・別居の未婚の子)に限定した場合、
保険料が約3%割引となる。
この特約を付けると、
限定された運転者以外の者が運転中に事故を起した場合には、保険金は支払われない。

人身傷害補償特約

車の運転者および同乗者に対する保険です。
運転中の事故によって死亡したり、身体に後遺障害または傷害を被った場合、
加害者との示談解決を待たずに、
過失割合にかかわらず定められた基準に基づいて算定した
損害額を契約金額の範囲内でお支払いする特約です。

他車運転危険担保特約

自分やその親族が、他人の車を運転中に起こした事故について、
自己契約している自動車保険の契約内容と全く同じ保障内容を保障してくれる保険です。

ファミリーバイク特約

記名被保険者とその家族(配偶者・同居の親族・別居の未婚の子)が、
125cc以下のバイクで事故を起した場合、下記の補償が受けられる特約。

車両新価保険特約

新車で購入後一定期間内に発生した事故で、
車の損害額が新車価格の50%以上となった場合に、
新車の購入費用を契約車の新車価格を限度に補償する特約。

代車費用担保特約

自動車事故で自分の車が使えなくなった際、
修理期間中に借りた代車の費用を補償する特約。

等級プロテクト特約

保険期間中一度の事故については、無事故等級(ノンフリート等級)を
引き下げずに据え置くことができる特約です。


安い自動車保険で紹介している厳選自動車保険一括見積もり
自動車保険一括見積もり 最大見積もり社数
保険スクエアbang!自動車保険【ウェブクルー】 15社見積もり
インターネットの車選びはカービュー [自動車保険一括見積] 10社見積もり
インズウェブ自動車保険一括見積 20社見積もり
イオン保険の一括見積 18社見積もり

今年の自動車保険は一括比較見積もりサイトで安くなります

あなたが今まで使っている自動車保険は一括比較見積りサイトでまだまだ安くなる可能性があります。
毎年そのまま更新していた場合、この機会に自動車保険料を見直してみませんか。 自動車保険の見積りは完全に無料なので、今すぐに自動車保険の一括比較見積りサイトであなたの保険料をチェックしてみませんか?
みんながやっている自動車保険を安く探す方法をやってみませんか





最終更新日: 2015年02月10日